パソコン

パソコンに熱がたまる原因【どうやって熱を逃がせばよいの?】

パソコンを持っている人ならだれもが思うことがパソコンが熱いけど大丈夫なのか。

そして危険ならどうすれば良いかということです。

今回はどのくらいパソコンが熱を持つと危険なのかそしてどうすれば良いかなどの対処法を考察していきます。

なぜパソコンに熱がたまる原因

パソコンにはCPUやSSD、グラフィックボードなど熱を発するパーツが使われています。

このようなパーツが熱を発しておりその熱を逃がすことができないため熱がたまっていきます。

というより電気を使っているので必然的に電気交換効率などが原因で熱が生まれてしまうのは電気製品の宿命です。

特にノートパソコンはパーツ同士の隙間が少ないため熱がこもりやすいです。

デスクトップなどは空気を循環させようとしているので熱が逃げやすいです。

パソコンの熱はどのくらいで危険なのか

結論から言うとデスクトップパソコンの場合は気にしすぎることはありません。

しかしノートパソコンの場合は40度を超えてくると動作に問題が起こる可能性が高くなり寿命が縮まっていると考えてよいでしょう。

デスクトップの場合は排出される空気が40度ぐらいのあまりにも高い場合は危険です。

デスクトップパソコンはノートパソコンよりも空気の循環効率が高いはずなのでそこまで熱くなることはありません。

しかしもしそこまで高くなるとそれは熱の発生量が排出量を上回っている可能性が高いので危険です。

特に夏の30度以上になるとどちらも危険性が高まるので気を付けたほうが良いです。

またパーツの熱が高くなりすぎると周りのほこりが原因で発火する可能性もあります。

そしてほこりが待っている場合は熱がこもりやすくなるのでこまめな掃除が必要になってきます。

またパーツの温度が上がりすぎると電子部品が溶けてしまい壊れる可能性があります。

ほかにもパソコンの速度が落ちてくるので熱はパソコンの宿敵です。

パソコンの熱の対処法

ノートパソコンの場合

ノートパソコンの場合は熱を逃がすためにパーツを増設するという方法が使えないのでパソコンの下に置く冷却台や冷却パッドを使うほうが良いです。

このようなものでノートパソコンを冷やすという方法があります。

また平らなところでパソコンをやらないと熱を逃がそうとする換気の穴をふさいでしまう可能性があるためできる限り床など平らなところに置きましょう。

またパソコンの中をあけて掃除するというのもよい方法です。

しかしノートパソコンをパーツとパーツの隙間が小さく掃除がしにくくちゃんとした対策をしないと静電気を壊れてしまう可能性があります。

デスクトップパソコンを場合

デスクトップパソコンの場合はCPUという一番熱くなる部品を冷やすためのCPUクーラーをより性能が良いものにする方法があります。

水冷冷却などもありより熱を逃がしやすくするため電子部品が溶けるようなことにはなりません。

また換気ファンを新しくすることで調子が良くなることもあります。

ほかにもパソコンケース自体を良い通気性が良いケースにすることで熱がこもりにくくすることも可能です。

デスクトップパソコンの場合は簡単に内部をあけることができるためこまめにほこりなどがたまっているかを確認してたまっていた場合は掃除をしてあげることが大事です。

必要なもの

ノートパソコン

冷却台

冷却台は基本的に安いため最初にノートパソコンの熱の対策案としては最適です。

また物理的に冷やすことで熱を逃がすため安全性でいえば一番安全です。

これは私が使っているノートパソコンの冷却パッドですがいままでいくつか使ってきたものの中で一番調子が良いものです。

ただ膝に置いてパソコンをいじる人は冷却パッドで膝が寒くなったりするので注意です。

暑くなってきた場合は平らなところで作業をするようにして冷却パッドを使用するのが一番です。

またLEDがついていますがそこが光っても特にまぶしいだけなので意味はありません。

【ポイント10倍 -8/9 1:59】KEYNICE 冷却ファン ノートパソコン 冷却パッド 冷却台 LED搭載 超静音 USBポート2口 USB接続 風量調節可 高度調節可 17インチ型まで対応 6ファン kn-k1738j
価格:3580円(税込、送料無料) (2020/8/8時点)

デスクトップパソコン

CPUクーラー

CPUクーラーにも水冷式と空冷式がありますが水冷式のほうが冷やせるためおすすめです。

また市販のものだった場合はこの部分は変えるべきです。

ほとんどの市販はこの部分にはこだわっておらず熱がたまりやすいです。

NZXT エヌゼットエックスティー 水冷CPUクーラー KRAKEN M22 ブラック RL-KRM22-01
サイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000 サイズオリジナル設計 サイドフロー型 CPUクーラー

パソコンケース

パソコンケースを買えるとなるとすべての部品を外す必要があるため初心者には向いてはいません。

ねじ止めができてパソコンの構造がある程度わかっている人が買えるのはおすすめです。

また元から通気性が高い場合は変える必要はありません

【新品/取寄品/代引不可】タワー型デスクトップPCケース IW-PE052B/WOPS-U3

最後に

このようにパソコンが熱くなってしまった場合の対象法はたくさんあります。

紹介していないものもありますが初心者がやるならこの中から選ぶとよいです。

パソコンと熱は永遠の宿敵なのでできる限り冷却できるようにしましょう。

-パソコン

© 2020 marukusu Powered by AFFINGER5