パソコン

ノートパソコンのケースはどうやって選ぶのか【徹底解説】

ノートパソコンのケースはどうやって選ぶのか

まず大前提として一番そのノートパソコンに一番合っているものはそのパソコン専用のケースです。

これはどんなケースよりも確実です。

なぜならパソコンケースの役割というのはパソコンを衝撃から保護するためのものです。

なのにパソコンケースとパソコン同士の大きさがあっていないとそれはパソコンケースとしては成り立っていません。

大体の純正品のパソコンケースはパソコンとほぼ同じかシンプルなデザインのはずです。

そのパソコンのデザインを気に入らず買った人なんて少ないはずです。

なのでまずはノートパソコンのケースはどれにしようではなくこのパソコンケース専用のケースがないかどうかを調べましょう。

大体のものにはあるでしょうが無いものやどうしてもこのデザインは嫌だという人もいると思います。

どうしても純正品以外が良い場合の決め方

大前提として1番のパソコンケースは純正品です。

しかしどうしてもいやだという人は次のことを考えるべきです。

  • 大きさがちゃんと合っているか
  • デザインがそのパソコンと合っているかどうか
  • 材質はどうか
  • 付属品を入れることができるか
  • 自分が持っているリュックに入るかどうか

少しかみ砕いた言い方ですがこれらが大丈夫ならば大丈夫です。

大きさがちゃんと合っているか

これはパソコンがケース内で揺れないようにするためです。

小さいいと入りませんし、大きすぎると揺れで他の荷物とぶつかって壊れてしまいます。

私もほかの荷物とぶつかって壊れてしまい後悔しました。

大事なのはちょうどよい大きさです。

デザインがそのパソコンを合っているかどうか

デザインが異常に違いすぎると違和感を感じます。

この違和感は脳が反応していることを表しています。

こんなことに脳が反応すること自体が無駄だと思いませんか。

皆さんは同じ柄のケースに入っているものと全く違う模様や色のケースに入っているものだとどうしても違うものに入っているほうが意識してしまいます。

知り合いには違和感が強すぎてとっさのことで落としたような人もいます。

ただ以上に違う場合はさすがにそのパソコンに合わないと思うはずなので気にしなくてもよいです

材質はどうか

そのケースはちゃんと耐久性があるものですか?

時々皮のケースを使っている人がいますがそれは皮が経年劣化で少しずつ薄くなってしまうことを考慮すべきです。

高いものに目がつくのは当たり前ですがケースにとって大事なことはパソコンを保護できているかどうかなので安くても丈夫で壊れにくく中に衝撃を与えにくいもののほうが良いです。

パソコンケースの存在意義を間違えてはいけません。

付属品は入れることができるか

付属品でペンなどを持ている人もいます。

それらをちゃんと入れることができるものですか。

自分の利用目的に合わせ必要になりそうな付属品が収納できるケースにするべきです。

適当にパソコンと一緒に入れて隙間を作るより収納スペースがあるほうが良いです。

ちゃんと考えてから購入しましょう。

自分が持っているリュックに入るかどうか

入らないケースなんて論外です。

ただ自宅用またはパソコン自体がリュックに入らないものなら大丈夫です。

移動中に持ち歩きたくてリュックに大きすぎてはいらないのならそれはリュックを買いましょう。

最後に

私はデザインよりも機能なので言えないかもしれません。

私のデザインのセンスが最悪らしいので知り合いにこれはどうか聞かないと変なデザインのものを買ってしまいます。

しかしデザインよりもパソコンケースに必要なものは機能なので別にどうでも良いですが皆さんはデザインよりもちゃんと機能を考えてデザインは次に考えるようにしましょう。

失敗したならパソコンと違い数万円はしないので失敗してももう一度買うのをお勧めしますこれから数万円する大事なものの保護を頼むものです。

ちゃんと考えてから買うようにしましょう。

-パソコン

© 2020 marukusu Powered by AFFINGER5